忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/26 13:38 】 |
輪生むの店
この度、輪生むでお店をやろうとしております。

現状、準備段階ではありますが、4月12日(土)をOPEN目標に日々準備しております。

今回は、現状に到るまでの経緯を書きたいと思います。

作り上げる形には、始まりがあり。

同様に、終わりもあり。

生まれる言葉もあれば、忘れ去られ消えゆく言葉もあり。

日常を過ごす中で、眼を閉じれば大きく分けて二択の問いが何年も前より問いかけていました。

「やるか、やらぬか。」

同時に、そこまで辿り着く道のりの想定。

実際進める中では、色々な問題は起きるのですが、大きく見て辿り着けるかどうかを日々考える。

時にメリット・デメリットを書き出して見たり。

自問自答を長きに渡り続けていました。

意味はあるのか?本当にやりたいのか?一体何処でやるんだ?…等々

何日も、何年も、繰り返される問い。

考えれば考える程、分からなくなって行きました。

考えとは、うつろぎやすいものですね。

今にして思えば、決め手や明確な理由を探していたのだと思います。

実際、今のままでも十二分に楽しかったのも大きな要因でしょう。

働いて、滑って、飲んで、遊んで、出会って、別れて。

問いが無限に続く中で、今まで出会った人や大阪で出会った人達に眼を向けてみた。

世界に届けてくれた仲間がいた。

日常を過ごす仲間がいた。

離れた今も楽しみ続ける仲間もいた。

今までの出会い・別れを思い出す内に、今までの人生がとても誇らしかった。

あやふやに見えた形をはっきり見ようと思えた。

同時に、あやふやにしか見ようとしていなかった事にも気付いた。

自身の理想と現実を当てはめてみた。

先は真っ暗闇で分からないけど、やってこの眼で見たいと思った。

嫁も理解してくれた。太郎とは輪生むだ。

今の行き着いた答え。

何かを伝え、繋げるきっかけの一つとして、輪生む(WAUM)。

店と言う形を始める為に準備中。

無理な所は仲間達へ相談しながらですが…。

取り扱い商品は徐々に連絡していきます。

お店:輪生む(WAUM)

住所:〒771ー4102 徳島県名東郡佐那河内村上字宮前64−1

電話:088−636−4380

MAIL:waumshop@yahoo.co.jp



明日より徐々に各方面へ連絡を入れて行きたいと思う次第です。

拍手[9回]

PR
【2014/03/19 21:42 】 | お知らせ的な何か
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>